交通事故被害者の遺族ができる損害賠償請求と相続税

交通事故53

残念なことではありますが、日本では毎日交通事故が発生しています。日常的に発生する交通事故は、加害者となる可能性もあれば、被害者となる可能性、あるいは被害者家族となる可能性もあります。そして、被害者となった場合、その被害の程度も様々です。

軽度な怪我で済む場合もあれば、寝たきり、最悪死亡もあり得ます。交通死亡事故被害者の遺族となった場合の損害賠償請求について紹介します。

関連記事:交通事故被害者電話相談は誰でも利用できる?サービスの特徴や利用方法のまとめ

交通事故の損害賠償は被害者家族も請求できる

交通事故が発生した場合、慰謝料や損害賠償などを請求することができるのは、交通事故の実際の被害者だけと思われがちですが、そのようなことはありません。交通事故被害者の家族も、場合によって慰謝料や損害賠償を受け取ることは可能です。

被害者に代わり請求できるものもあれば、被害者家族だけが請求できるものもあるので、しっかりと覚えておくことが必要となります。主なケースは3つに分けることができます。ひとつが交通事故の被害者が重度の後遺障害を負った場合です。

被害者が重度の障害を負うと、家族は心を痛めるほか、傷害を負った家族を支援するために様々な活動が必要となります。その精神的な苦痛と負担に対する損害賠償を請求することが可能です。二つ目が、被害者の通院に付き添ったり、介護を行った場合です。

被害者が一人で通院することができない場合には、家族が付き添い、介護をしなければなりません。その際に掛かった交通費などの負担を請求することが可能です。そして、交通事故によって被害者が死亡し、被害者家族が遺族となってしまった場合には、死亡慰謝料を受け取ることが可能です。

交通事故被害者の遺族が受け取ることができる慰謝料

交通事故被害者の遺族が受け取ることができる慰謝料は、死亡慰謝料と呼ばれています。慰謝料とは、人が受けた精神的苦痛に対して支払われる損害賠償金のことを言います。つまり、家族が亡くなったことに対する、精神的な苦痛に対して家族は慰謝料を受け取ることができるということです。

近しい人を亡くすと、精神的に大きな苦痛を味わいます。その精神的な苦痛から快復する方法は様々ありますが、死亡慰謝料の場合は、金銭で補償して回復を図ろうという意図があります。一口に死亡慰謝料といっても、二つの種類に分けることが可能です。

ひとつが死亡した被害者が「死亡に至る精神的な苦痛」に対して支払われる慰謝料のことで、本来は被害者本人が受け取るものになります。被害者本人が請求権を持っていますが、受け取る本人が死亡してしまっていることから、その請求権が家族に相続され、遺族が受け取ることができる慰謝料に分類されます。

もうひとつが、遺族が「近親者を亡くした精神的な苦痛」に対して支払われるものです。死亡慰謝料と聞いて想像しやすいものでしょう。

被害者遺族が受け取ることができる慰謝料の金額

交通事故62

交通事故被害者の遺族が受け取ることができる死亡慰謝料は、すべて一律というわけではありません。支払う機関をはじめ、交渉の仕方などによっては、400万円以下の場合もあれば、3000万円を受け取ることが可能のこともあります。

まずは、交通事故慰謝料の3つの基準を知っておく必要があります。交通事故慰謝料には3つの算定基準があり、ひとつが自賠責基準です。自賠責基準とは、自賠責保険での慰謝料算定額に用いられる基準のことを言います。

自賠責基準では、被害者本人分の400万円に加えて、遺族の人数や扶養者の人数に応じた金額が支払われることになります。二つ目の基準が、任意保険基準です。任意保険基準とは、加害者側が加入している保険会社の慰謝料を算定するために用いられる基準のことを言います。

保険会社独自に設定しているものであるため、どれだけの金額を貰うことができるかはそれぞれ異なります。三つ目の基準が、弁護士基準です。弁護士基準とは、裁判所基準とも呼ばれる基準で、実際に裁判を起こした際に、過去の裁判記録をもとにして算定され、請求することができるとされる基準のことを言います。

被害者の家庭内における立場により金額は異なり、家計を主に支えている場合が最も金額が高く、独身者や子どもであれば若干低くなる傾向です。死亡慰謝料は、これらの3つの基準がありますが、すべての基準で満額受け取ることができるというものではありません。

まず、自賠責基準で算定し、自賠責基準で賄いきれない分を任意保険会社に請求するという順番をたどります。任意保険会社で満足のいく補填を受け取れない場合は、弁護士基準基準での金額を目指すことになるでしょう。

関連記事:交通事故の被害者必見!病院費の支払いに使える保険と補償の範囲

慰謝料を受け取ることができる人

交通事故被害者の遺族は、死亡慰謝料を受け取ることができますが、すべての遺族が無条件にもらうことができるというわけではありません。死亡慰謝料を受け取ることができる人には、ある程度の基準があります。死亡者本人が受け取ることができる慰謝料の場合、遺族の中でも配偶者と子ども、父母、そして被害者の兄弟姉妹が該当します。

これらの人物は、相続人の合意によっては、任意の相手が受け取ることができるように変更も可能です。遺族の精神的な苦痛に対して支払われる慰謝料の場合は、配偶者と子ども、そして父母が該当します。こちらも、裁判を起こして、該当しない被害者に近しい人が例外的に請求権を取得することも可能です。

関連記事:交通事故の被害者はPTSDになり心のケアが必要な場合がある

慰謝料の受け取りまでの流れ

慰謝料は、自動的に支払われるものではないので、請求しなければなりません。請求する人は、遺族の中でも誰でも良いというものではなく、民法で定めれている法定相続人が請求する必要があります。おおよその場合、加害者は任意保険会社に加入しているので、損害賠償請求は任意保険会社にすることになるでしょう。

まず、加害者側の任意保険会社から慰謝料額や損害賠償金額を提示した示談案が届くので、その内容について交渉します。成立すれば、示談書が届くので、署名捺印を済ませて返送すれば、振り込まれるという流れです。

慰謝料以外の損害賠償

交通事故56

交通事故被害者の遺族は、死亡慰謝料以外にも受け取ることができる損害賠償がいくつかあります。ひとつが死亡逸失利益であり、被害者が死亡したことによって得ることができなくなった将来の収入を保障するものです。葬儀や位牌など被害者の葬儀にかかわる費用である葬祭費を貰うこともできます。

また、被害者の死亡までに、入院期間があった場合は入通院慰謝料や治療関係費を請求することも可能です。これらは、本来被害者本人が受け取るものですが、被害者本人が亡くなっていることから、その利益を相続した遺族がもらうことができるものです。

損害賠償と相続税

被害者が亡くなったことによる、遺族の精神的な苦痛に対する慰謝料である死亡慰謝料以外の多くは、本来被害者本人が請求することができる損害賠償です。遺族はその利益を相続しているという形をとるため、これらの慰謝料や損害賠償を貰った場合、相続税がかかるのではないかと懸念する人もいます。

これは、被害者がどの段階で亡くなったのかによって異なります。被害者が交通事故直後になくなった場合、被害者本人がもらうはずだった慰謝料は、遺族が請求した遺族の収入と考えられるため、相続税はかかりません。しかし、被害者が損害賠償請求にかかわる訴訟の間、または損害請求金額が確定した後になくなった場合は、相続税の対象となる可能性が高いです。

制度をしっかり活用して立ち直りを

交通事故は、だれにとっても無視できる問題ではありません。自身が巻き込まれる可能性もあれば、家族や親しい人が巻き込まれる可能性もあります。万が一、家族が交通事故で亡くなってしまった場合には、被害者遺族は多種多様な慰謝料や損害賠償を請求することが可能です。

金額や税金などは、被害者との関係性や訴訟の時期などによって異なるので、しっかりと知識を持ち対応してください。

関連記事:交通事故の補償は被害者は無職だとどうなる?損害賠償請求などについて解説