交通事故の対処法や被害者が大げさに騒ぐケースについて

交通事故29

安全運転はドライバーの責務ですが、いくら注意しても不意の事故に見舞われてしまう可能性は否定できません。万が一、自分が交通事故の当事者になってしまった場合は速やかに適切な方法で対処する必要があります。対処を誤ると後になってから大きなトラブルに発展するおそれがあるので注意しなければいけません。

交通事故を起こした際の対処法や被害者との接し方について学びましょう。

関連記事:交通事故の被害者になって寝たきりになったときに重要なこと

加害者が行う措置は法律で定められている

ドライバーが交通事故を起こした場合、安全の確保や被害者の救助を行わなければいけません。これは緊急措置義務と呼ばれるもので、法律で定められている行為です。具体的には負傷者の救護、道路上の危険の除去、警察への報告であり、これらを怠ると重大な法律違反となります。

中でも負傷者の救護は非常に重要な行為であり、仮に負傷者が同意したとしても救護を怠ると轢き逃げとなってしまいます。轢き逃げは交通違反の中でも悪質な行為と見なされ、即座に免許取り消しの処罰が下されます。また、一定の年数、免許の再取得が不可能になるのも大きなデメリットです。

免許がなければ自動車の運転ができないので、生活に大きな支障が及びます。そのような事態を避けるためにも負傷者の救護は何よりも優先して行うことが大切と言えるでしょう。道路上の危険の除去は他の車両や歩行者が二次災害に遭うのを防ぐのが目的です。

車両の壊れた部品など、交通の妨げになる物はできるだけ取り除く必要がありますが、その際は自身の安全を確保することを心がけます。警察への報告は法律上の自己処理の手続きをスムーズに行うのに必要な他、保険会社に交通事故を認識してもらう意味もあります。

自動車保険は警察に届け出があった交通事故でなければ補償が受けられません。そのため、被害者への補償を適切に行うためにも警察への報告は必須なのです。

関連記事:交通事故の補償は被害者は無職だとどうなる?損害賠償請求などについて解説

交通事故は被害の大小を問わない

交通事故と言えば車両が大きく破損し、被害者もひどい怪我を負うイメージがあります。そのような事故もありますが、車両も被害者もほとんどダメージを受けない事故は決して珍しいことではありません。中には低速で走行した車両が歩行者に接触するケースもありますが、このような場合でも交通事故として扱われます。

車両と歩行者が接触する交通事故は被害の大小を問いません。車体と人体が触れたらその時点で交通事故になります。そのため、見た目では不具合を確認できないという理由で事故の報告や負傷者の救護を怠ってはいけません。

交通事故の被害を補償する自動車保険の詳細

交通事故の被害者へ補償を行う自動車保険は自賠責保険と任意保険があります。自賠責保険は強制保険とも呼ばれ、必ず加入しなければいけません。自賠責保険に加入しないと車検を受けることができず、車両を走らせることができないためです。

自賠責保険は交通事故の被害者を救済することを目的とした保険であり、補償対象は相手側の被害者に限定されます。ドライバーが怪我を負っても自賠責保険の補償対象にはなりません。また、補償金額も上限があり、もっとも高額である後遺障害への補償でも4000万円までと決められています。

しかし、被害の程度によっては被害者への補償金が億単位になることも珍しくありません。自賠責保険だけでは手厚い補償を行うのが困難と言えるでしょう。そのため、被害者に対する十分な補償を行うには任意保険が必須と言えます。

任意保険は補償金に上限がないプランで契約することもできるので、万が一の事態に陥った際は非常に役立ちます。しかし、任意保険は自賠責保険だけでは足りない金額を補うことを目的とした保険です。自賠責保険に加入していなければ任意保険での補償を受けることはできません。

また、自賠責保険の補償を受けずに任意保険だけを利用することもできないので注意します。

関連記事:交通事故被害者の遺族ができる損害賠償請求と相続税

被害者が大げさに騒ぐ問題

交通事故の被害者が大げさに騒ぐケースがある事実は無視できません。ほとんどの場合、事故のショックで自分がひどい怪我を負ったと誤解した結果なので、時間が経てば自然に収まります。しかし稀に、怪我を負っていないことを承知しながらそれでも大げさに騒ぐことがあります。

これは被害者の立場を利用してより多くの補償金を得ようとするのが目的です。また、警察への届け出を行わず、当事者だけで内々に済ませようと持ちかけることもあります。交通事故は社会的な信用を損なうトラブルなので加害者は保身のためにその提案を受け入れてしまうかもしれません。

しかし、当事者だけで交通事故を処理するのは後の大きなトラブルの要因になります。悪質な被害者は治療費の名目で何度もお金を請求することが目的なので警察への届け出を渋ることがあります。そのため、トラブルを避けるためにも事故の程度を問わず警察へ届け出ることを忘れてはいけません。

関連記事:交通事故の被害者はPTSDになり心のケアが必要な場合がある

交通事故の加害者にも被害者にもならないための心得

交通事故42

交通事故を起こした際の適切な対処はドライバーに必要な知識ですが、それでも交通事故は絶対に避けるべきトラブルなのは紛れもない事実です。また、被害者の側にとっても心身に大きな負担がかかるトラブルなので事故に遭わないことが最善の状態と言えるでしょう。

交通事故が起こる原因は様々ですが、加害者と被害者の双方に過失があるのが一般的です。加害者の場合、信号機や標識などの指示に従わない危険運転が主な原因です。車両の整備不良も事故に繋がるので、ドライバーは愛車のチェックをこまめに行う必要があると言えるでしょう。

また、被害者の側も見通しの悪い路地から急に飛び出すなどの危険行為は避けなければいけません。ドライバーがどんなに安全運転を心がけても、車両の操作は必ずしも思い通りにはいきません。路面のコンディションが悪いとブレーキの利きが悪くなり、車両がスリップすることがあります。

そのような状態では飛び出した歩行者を安全に避けることができず、事故に至ってしまうのです。ドライバーも歩行者も安全第一を心がけ、わずかな危険も避けることが加害者にも被害者にもならないための必須条件と言えるでしょう。

事故を起こしても慌てずに落ち着いて対処することが肝心

交通事故39

交通事故を起こした場合、速やかに適切な対処を行うのがドライバーの責任です。その一方で稀に被害者が大げさに騒ぎ、金銭を要求するケースがあるのも事実です。事故を起こすと混乱してしまい、正しい判断が難しくなります。

しかし、後のトラブルを避けるためにも安易な選択をせず、冷静に考えたうえで慎重に判断することを心がけます。